外壁塗装

塗装の本来の役割は、建物を守るためのものです。
塗装を施すことで外壁に使われている建材を、風雨や紫外線、排気ガスなどの汚れから守り、劣化を防いでくれます。

また建物を健康な状態を保つためには、『防水性』が非常に重要です。
外壁は日々太陽の紫外線や雨風にさらされているため、経年劣化はどうしても避けられません。

一般的に塗装の塗り替えのサイクルの目安は、約10年。
塗装の効果が切れた外壁をそのままにしておくと、外壁材を傷めてしまったり最悪の場合雨漏りに繋がることも。
これまで一度も塗り替えを行っていないお住まいや、外壁に劣化が見られる際は、まずはお気軽にご相談ください!

定期的な塗り替えで、住まいの健康を長く保ちましょう。

 

塗膜の劣化を放置すると・・・・・・

● 防水機能が低下
塗膜で外壁をコーティングし、風雨や紫外線からのダメージを抑制させるのが塗装工事の役割。
塗膜が劣化し、この効果を発揮できない状態だと、外壁材そのものがダメージを受けてしまいます。
傷んだ部分をそのままにしておくと、雨などの水分が建物に浸入して雨漏りの原因になりますので、塗装で防水機能を保つことが大切です。

● ヒビ割れの発生(クラック)
劣化が酷い場合は、外壁にヒビ割れが発生するケースも。
髪の毛程の細かなヒビでも、雨などの水分は浸入してくるので注意が必要です。
またヒビから浸入した水分が寒暖差によって、収縮・膨張を繰り返し、ヒビを大きくしてしまう場合もありますので、早めの対処をおすすめします。

● 躯体の劣化・腐食
下地まで水分が浸入してしまうと鉄部は錆び、木部は腐食してしまいます。
そうなると建物全体の耐久性が低下してしまうため、安全性が高いとは言えません。
またシロアリ発生の原因となりかねないため、劣化が進んでいるなと感じたらすぐにご連絡ください。

▼お問い合わせはこちら

【営業所】086-486-5201
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】9:00~20:00(日曜定休)
【対応エリア】西日本全域

一覧ページに戻る